蚕糸学賞・日本蚕糸学会賞 受賞者

蚕糸学賞(~平成20年度)

1931 昭和6 井上 柳梧 繭の解じょに関する研究
1932 7 田中 義麿 家蚕の遺伝学的研究
1933 8 横山 桐郎 蚕桑の害虫に関する研究
1935 10 松村 季美 家蚕の消化液及び体液に於けるアミラーゼ作用に関する研究
1936 11 木暮 槇太 光線並に温度の家蚕の化性卵色及び脱皮回数に及ぼす影響
1937 12 金子 英雄 家蚕繭セシリンの膠質化学的研究
1938 13 大澤 一衛 桑の細胞学的並に実験的研究特に「テトラプロイド」桑の出現と其品種育成上の利用に就て
1939 14 奥 正己 家蚕繭糸の色素に関する化学的研究
1940 15 町田 次郎 家蚕の生殖細胞に関する研究
1941 16 小柳 達男 家蚕蛹のヴィタミンB2に関する研究
1942 17 田島弥太郎 蚕のW染色体を含む転座に関する研究
1943 18 川口 栄作 絹糸虫の細胞遺伝学的研究
1944 19 赤尾 晃 家蚕の新陳代謝に関する生化学的研究
1945 20 鈴木 純一 絹毛生糸に関する研究
1946 21 小針喜三郎 蚕品種の育成に関する研究
1947 22 鈴木簡一郎 蚕の遺伝並に品種の育成に関する研究
1948 23 鈴木 三郎 絹糸物理特に野蚕糸等の降伏点現象に関する研究
1949 24 田中 八郎 ラウジネスに関する研究
1950 25 佐藤春太郎 単為生殖を中心とする家蚕の細胞学的研究
高木 一三 桑の形態及び生理に関する研究
1951 26 石森 直人 家蚕濃病の研究
蒲生 俊興 家蚕の栄養生理の研究
1952 27 吉沢 弥吾 繭形質と生糸品質との関連性の研究
1953 28 吉田徳太郎 桑葉のエーテル可溶物に関する研究
辻田 光雄 家蚕の細胞における有形物質,特にミトコンドリアの研究
1954 29 大村清之助 家蚕の生殖系に関する研究
村瀬 良一 絹糸の塩縮に関する研究
1955 30 有賀 久雄 家蚕における各種遺伝子の発現機構に関する研究
福田 宗一 家蚕の変態ならびに化性に関する内分泌学的研究
1956 31 門平潤一郎 家蚕の麹かび病に関する研究
松本 介 家蚕生繭の乾燥に関する研究
1957 32 諸星静次郎 家蚕における眠性並びに化性の生理遺伝学的研究
中川 房吉 繰糸並びに揚返中における生糸の張力に関する研究
1958 33 堀田 禎吉 桑の分類と分布に関する研究
高崎 恒雄 家蚕の育種遺伝学的研究
1959 34 針塚 正樹 家蚕における二三の形質に関する生理遺伝学的研究
大島 利通 桑の根の成長に関する生理生態学的研究
1960 35 高見 丈夫 蚕の発生学的研究およびその蚕業上への応用
沓掛 久雄 家蚕卵の保護に関する研究
1961 36 福田 紀文 家蚕絹糸蛋白質の形成に関する生化学的研究
大岡 忠三 生糸の色相に関する研究
1962 37 松尾 卓見 桑芽枯病に関する研究
嶋崎 昭典 製糸工程の統計的管理法に関する研究
1963 38 早川 卓郎 蚕糸業の経済史的研究特に養蚕経営の歴史的変化について
小林 勝利 家蚕の神経分泌に関する研究
1964 39 入戸野康彦 家蚕の血球に関する研究
布目 順郎 家蚕の呼吸器に関する研究
1965 40 小林 安 自動繰糸機に関する研究
藤本 直正 蚕繭色の生理遺伝学的研究
1966 41 桑野 恒雄 養蚕技術の開発に関する研究
関 博夫 桑科植物の細胞学的研究
1967 42 糸井 節美 桑裏うどんこ病に関する研究
吉武 成美 カイコの品種に関する遺伝生化学的研究
1968 43 堀江 保宏 家蚕の炭水化物代謝に関する研究
長島 栄一 家蚕幼虫斑紋に関する発生遺伝学的研究
1969 44 神岡 四郎 家蚕幼虫の前額神経球に関する研究
山崎 寿 ウイルス性軟化病に関する一連の研究
1970 45 岡野正一郎 養蚕業に関する経済的研究
山口定次郎 家蚕幼虫消化器官の局所的機能分化に関する研究
1971 46 小野 四郎 生糸品質に関する繰糸の基礎的研究
石川 誠男 家蚕の感覚に関する電気生理学的研究
1972 47 中島 誠 家蚕のカロチノイド繭色遺伝子の発現機構に関する研究
渡部 仁 家蚕ウイルス病の感染病理と宿主抵抗性に関する研究
1973 48 川瀬 茂実 家蚕細胞質多角体病ウイルスの性状および増殖に関する生化学的研究
宮 慶一郎 家蚕生殖腺の発生に関する研究
1974 49 筑紫 春生 家蚕におけるリンケージ群に関する研究
南沢吉三郎 桑の雌雄性分化に関する研究
1975 50 北浦 澄 桑の凍霜害の発生に関する研究
河上 清 蚕の糸状菌病における感染と薬剤抵抗性に関する研究
1976 51 上田 悟 蚕の成長に関する研究
本多 恒雄 桑のさし木に関する研究
1977 52 江口 正治 蚕の消化酵素に関する生理遺伝学的研究
赤井 弘 蚕の絹糸腺の細胞学的研究
1978 53 井口 民夫 家蚕のアミノ酸栄養と代謝に関する研究
向山 文雄 家蚕の睡腺を中心とした消化生理に関する研究
1979 54 林屋 慶三 家蚕消化液中の赤色螢光蛋白質の生成に関する研究
山口 邦友 家蚕細胞質多角体病ウイルスの変異系統に関する研究
1980 55 山下 興亜 家蚕における炭水化物代謝と休眠性に関する研究
重松 孟 家蚕絹糸腺の蛋白質代謝に関する研究
1981 56 岩下 嘉光 家蚕ウイルス病の病理組織学的研究
    大山 勝夫 桑の物質生産並びに根の機能に関する研究
1982 57 荘野 修 養蚕経営発展の技術的特質に関する研究
北村 愛夫 製糸工程における絹繊維の界面現象に関する研究
1983 58 土井良 宏 家蚕の突然変異体に関する形質遺伝学的研究
飯塚 敏彦 家蚕の腸内細菌相および消化液抗菌作用に関する研究
1984 59 小松 計一 セリシンの溶解特性ならびに構造特性に関する研究
木村 滋 家蚕の脱皮・変態に関する生理化学的研究
1985 60 須貝 悦治 家蚕の雄性不妊に関する細胞学的研究
東城 功 倍数性桑樹の育成と利用に関する研究
1986 61 蒲生 卓磨 家蚕の絹糸および体液蛋白質の遺伝生化学的研究
佐藤 守 クワ縮葉細菌病菌の生態・系統及び遺伝に関する研究
1987 62 和久 義夫 家蚕変態の細胞・組織学的研究
福原 敏彦 家蚕細胞質多角体病の感染病理に関する研究
1988 63 菱谷 政種 製糸業経営の研究
宮嶌 成壽 家蚕ウイルスの感染と発病防除に関する病理学的研究
1989 平成
元年
井上 元 家蚕の伝染性軟化病におけるウイルス増殖と発病制御に関する研究
木口 憲爾 家蚕における形質発現の内分泌支配に関する研究
1990 2 稲松 勝子 桑園土壌における有機物効果の解析並びに施用法に関する研究
白田 昭 桑の耐病性機構に関する研究
1991 3 柳川 弘明 家蚕人工飼料の組成改善に関する研究
西出 照雄 絹素材生産情報の計測制御に関する研究
1992 4 小林 正彦 鱗翅目昆虫のウイルスに関する病理学的研究
河原畑 勇 培養細胞系による蚕微胞子虫及び核多角体病ウイルスの感染病理学的研究
1993 5 平林 潔 絹フロイブロインの構造解析とその応用に関する研究
松原 藤好 蚕の無菌人口飼料に関する応用研究
1994 6 石原 廉 蚕の微粒子原虫Nosema bombycisの増殖機構に関する研究
黄色 俊一 家蚕における量的形質の発現に関する神経内分泌学的研究
1995 7 小林 迪弘 カイコ核多角体病ウイルスの増殖に関する生化学的研究
新保 博 家蚕における含硫アミノ酸の利用・代謝に関する生理・生化学的研究
1996 8 山本 俊雄 家蚕における実用形質の遺伝・育種学的研究
河口 豊 カイコの卵形成および発生過程における形質発現に関する遺伝・生理学的研究
1997 9 市川 信一 カイコのE偽対立遺伝子群に関する遺伝学的並びに発生学的研究
野口 洋子 家蚕ウイルス性の感染病理と診断に関する一連の研究
1998 10 鈴木 幸一 天蚕の休眠機構と人工孵化に関する研究
竹田 敏 カイコにおける眠性及び化性の化学制御に関する研究
1999 11 山川 稔 昆虫の生体防御蛋白質の同定及び発現,利用に関する研究
伴戸 久徳 家蚕軟化病ウイルス遺伝子の構造及び機能に関する研究
2000 12 田村 俊樹 カイコにおける有用遺伝子の解析と導入に関する研究
柳沼 利信 カイコ胚休眠の分子生理学的研究
2001 13 三浦 幹彦 蚕の吐糸営繭行動の三次元画像解析とそのモデル化
森  肇 バキュロウイルスのペクター機能開発と形質転換技術への利用
2002 14 マリアン
・ゴールドスミス
カイコのコリオン遺伝子群に関する分子遺伝学的研究
藤井 博 家蚕キモトリプシンインヒビターに関する遺伝生科学的研究
2003 15 古賀 克己 カイコ卵の初期発生におけるタンパク質の合成調節に関する研究
川村 直子 蚕の生殖細胞の発生および分化に関する研究
2004 16 前川 秀彰 カイコゲノム構造の進化における転移因子様配列の役割に関する研究
坪内 紘三 絹タンパク質の機能解明と新素材開発に関する研究
2005 17 三田 和英 カイコゲノム情報の解析と利用に関する研究
普後 一 カイコガ羽化行動に関する生理・生化学的研究
2006 18 今西 重雄 カイコの初代細胞培養新技術の開発と応用に関する研究
小島 峯雄 クワのin planta形質転換法の開発
2007 19 杉村 順夫 クワ巨細胞におけるカルシウム集積に関する細胞生物学的研究
原 和二郎 cDNAプローブとRFLPを用いたカイコの遺伝解析法の確立と利用
2008 20 土田 耕三 カイコY遺伝子とその対立遺伝子の分子機構の解明
甲斐 英則 カイコ卵の休眠間発達

日本蚕糸学会賞(平成21年度~)

2009 平成21 嶋田 透  トランスクリプトーム解析によるカイコのゲノム機能に関する研究
木内 信 カイコ後胚子発育の生理活性物質による制御とその分子機構に関する研究
2010 22 大沼 昭夫 カイコの雌雄分別孵化の平衡致死理論の構築と実証に関する研究
藤原 晴彦 カイコおよび昆虫の染色体末端構造に関する研究
2011 23 町井 博明 クワの不定芽培養系の確立とその利用技術の開発
川崎 秀樹 翅原基を用いたカイコ変態の遺伝子発現機構の解析に関する研究
2012 24 小林 淳 家蚕と野蚕の特性を活かした新規遺伝子発現系の開発と利用技術の確立
髙林 千幸 カイコ絹の生活用及び医療用資材の作出に関する新製糸技術の開発研究
2013 25 佐藤 令一 カイコにおけるBt毒素の受容体と殺虫機構に関する研究
伴野 豊 家蚕とクワコにおける形質変異および染色体変異に関する遺伝学的研究
2014 26 池田 素子 核多角体病ウイルス感染チョウ目昆虫細胞における抗ウイルス応答に関する研究
平山 力 カイコにおける特異的代謝機構に関する研究
2015 27 東 政明 昆虫のpH調節・水分管理機構に関する分子生理学的研究
朝岡 潔 カイコをはじめとする鱗翅目昆虫の味覚受容と摂食行動制御の神経機構の解明
2016 28 浅野眞一郎 新規殺虫性タンパク質遺伝子の発見、機能解析ならびに応用に関する研究
佐原 健 カイコにおける染色体同定技術の確立と鱗翅目昆虫遺伝子FISHマッピングへの応用
2017 29 門野 敬子 カイコの濃核病ウイルス感染性に関わる遺伝子の単離と機能解析
日下部宜宏 昆虫ゲノムDNAの安定化・維持機構に関する研究

 

前
決算,予算,他
カテゴリートップ
日本蚕糸学会について
次
日本蚕糸学会進歩賞