2017-09-13 15:19:23

2017年8月20日、日本は名古屋議定書の締約国となり、国内措置である「遺伝資源の取得の機会及びその利用から生ずる利益の公正かつ衡平な配分に関する指針」(ABS指針)が施行されました。

ABS指針では、研究者の皆様が一定の要件に該当する海外遺伝資源を取得した場合に、環境大臣に報告を行うこと求めています。

研究者の皆様におかれましては、既に、海外からの遺伝資源の取得に当たり現地のABS法令等の遵守に努めておられるものと存じますが、本国内措置は、名古屋議定書の枠組を通じてこれを透明化することにより、我が国における研究活動への国際的な信頼性を高めることを目的としています。

ABS指針に基づく報告への協力について、お問い合わせ等ございましたら、環境省の下記問い合わせ先までお知らせください。

また、学術分野における対策については、ナショナルバイオリソースプロジェクトの一環として、国立遺伝学研究所に支援を行うABS学術対策チームを設置しています。ご活用ください。

<環境省ABS特設サイト>
http://www.env.go.jp/nature/biodic-abs/index.html
<ABS指針パンフレット>
http://www.env.go.jp/nature/biodic-abs/pdf/pamphlet.pdf
<お問い合わせ>
環境省自然環境局自然環境計画課生物多様性主流化室
電話:03-5521-8150 FAX:03-3595-3228
電子メール:bio-abs@env.go.jp

<学術研究におけるABS対策の相談窓口「ABS学術対策チーム」>
http://www.idenshigen.jp
電子メール:abs@nig.ac.jp


2017-09-08 17:32:04

 公益財団法人日本農業研究所から日本蚕糸学会に対して、第28回(平成29年度) 「日本農業研究所賞」受賞候補者推薦の依頼がありました。
 この賞は、日本の農業の発展のため、学術研究上顕著な貢献をなした者を表彰し、その研究業績が今後の農業の発展はもとより、豊かな食生活の形成や農山村の活性化等にも貢献することを期待しようとするものです。
 この推薦は、蚕糸学会会員が個人として推薦することができます。日本蚕糸学会として推薦することを希望される場合は、学会内での検討に時間を要しますので、お早めに日本蚕糸学会事務局にご相談ください。
 詳細は日本農業研究所のウェブページで詳細をご覧いただけます。

【応募締め切り】
平成29年11月30日 (必着)
※蚕糸学会会員が個人として推薦する場合です。

【送り先】
〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町3番29号
公益財団法人日本農業研究所
また、郵送と併せて、電子ファイルもメールでお送りください。
kenkyu@nohken.or.jp
※蚕糸学会会員が個人として推薦する場合です。

【様式等】
下記URLをご覧ください。
http:/www.nohken.or.jp


2017-09-05 17:09:32

公益信託家政学研究助成基金より、研究助成金申請の公募案内が参りました。家政学およびその境界領域における優れた研究に対して50万円を限度として助成されます。応募できるのは平成30年4月1日現在で45歳未満の教員および研究者です。

ご興味のある方は各自でご応募ください。

この助成基金についての詳細は以下のURLからPDFをダウンロードしてご覧ください。

http://www.tr.mufg.jp/shisan/download/kouekishintaku_list/108bosyu.pdf

申請書の書式は以下のURLからダウンロードしてください。

http://www.tr.mufg.jp/shisan/download/kouekishintaku_list/108shinsei.docx


2017-09-05 16:30:34

名古屋議定書のもとでの遺伝資源の取扱い等に関して、日本学術会議主催の公開シンポジウムが開催されますので、ご案内いたします。

(1)シンポジウムのタイトル
日本学術会議 公開シンポジウム
名古屋議定書、日本において発効
~締約国加盟後の学術研究におけるリスク管理について~


(2)日時
平成29年9月25日(月)13:00~17:00

(3)場所
日本学術会議講堂(東京メトロ千代田線乃木坂駅5出口徒歩1分)

(4)参加費
無料

(5)関連URL
ポスター
http://www.scj.go.jp/ja/event/pdf2/251-s-2-1.pdf

申込先
https://goo.gl/forms/obGb6ZvcnOtScqWg2

(6)連絡先
参加申込については、
国立遺伝学研究所ABS学術対策チーム
abs@nig.ac.jp

内容については、
日本学術会議会員:大杉立
r.ohsugi@gmail.com

(7)開催趣旨
 本年8月20日にわが国は「生物多様性条約下での遺伝資源の取得の機会及びその利用から生じる利益の公正かつ衡平な配分に関する名古屋議定書」の締約国に加盟し、国内措置 (ABS指針)が施行された。
 日本学術会議では、提言「学術研究の円滑な推進のための名古屋議定書批准に伴う措置について」を昨年12月に公表し、政府に対して名古屋議定書の早期締約を要望し、また、政府、大学・研究機関等に遺伝資源の持続的利用と利益配分に関わる問題点等の周知徹底、国内支援体制の整備等について要望してきた。
 本シンポジウムでは、名古屋議定書下での海外遺伝資源研究における留意点やリスク管理、国内措置等について議論する。

(8)講演内容

提言の概要説明
  三輪清志(味の素株式会社客員フェロー)

名古屋議定書締約国加入に対応する国内措置について
  野田浩絵(文部科学省研究振興局ライフサイエンス課調整官)

海外遺伝資源を利用した学術研究におけるリスク管理について
  鈴木睦昭(国立遺伝学研究所ABS学術対策チーム)

国内措置に関わる大学での体制整備の現状と遺伝資源取得に関する今後の課題
  設楽愛子(東京海洋大学産学・地域連携推進機構URA)
  狩野幹人(三重大学地域イノベーション推進機構知的財産統括室准教授)
  深見克哉(九州大学有体物管理センター教授)

SATREPSにおけるABS対応を巡る現状と課題
 小平憲祐(科学技術振興機構国際SATREPSグループ調査員)

緊急報告:COP13におけるデジタル配列情報に関する論議とCOP14への対応
  鈴木睦昭(国立遺伝学研究所ABS学術対策チーム)
  小原雄治(ライフサイエンス統合データベースセンター長)


2017-09-01 18:24:06

 九州大学大学院農学研究院 資源生物科学部門 農業生物科学講座 天敵微生物学分野教授(1名)の公募についてご案内差し上げます。締め切りは10月31日12:00(必着)です。
 詳細は以下のURLからダウンロードしたファイルをご覧ください。
http://jsss.or.jp/modules/d3downloads/index.php?page=visit&cid=5&lid=...


2017-08-30 18:26:28

蚕糸・昆虫機能利用学術講演会(日本蚕糸学会第88回大会)に関する様式等を掲載しました。
それぞれの項目下のurlをクリックするとダウンロードできます。

1)開催案内
http://jsss.or.jp/h30/H30.pdf

2)参加申込様式
http://jsss.or.jp/h30/toroku.xls

3)講演申込様式
http://jsss.or.jp/h30/kouen.doc

4)グループ研究会申込様式
http://jsss.or.jp/h30/group.doc


2017-08-29 09:34:35

 信州大学先鋭領域融合研究群国際ファイバー工学研究所の助教(テニュア・トラック・1名)の公募についてお知らせいたします。応募
 締切は11月10日(必着)です。
 詳細は以下の信州大学ホームページ,JREC-INホームページをご覧ください。

信州大学ホームページ
http://www.shinshu-u.ac.jp/faculty/textiles/recruit/2017/08/105884.html

JREC-IN
https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=4&id=D117080700&ln_jor...


2017-05-23 12:38:50

 この度、「名古屋議定書に関連した遺伝資源の取り扱いに関する指針と施行について」の通知が、環境省から下記の通り公表されました。
 また、国立遺伝学研究所ABS学術対策チームは、今回の指針や施行の関する情報も含め、HP(www.idenshigen.jp)等により情報発信を継続されていくそうです。その一環として、啓発用チラシを作成されていますので是非ごらんください(上記サイトよりダウンロードください)。

                    記

「遺伝資源の取得の機会及びその利用から生ずる利益の公正かつ衡平な配分に関する指針」の公布について

 生物の多様性に関する条約(以下「条約」という。)は、遺伝資源の利用から生ずる利益の公正かつ衡平な配分を目的の一つとし、条約締約国に対して、遺伝資源の取得の機会について「情報に基づく事前の同意」及び遺伝資源の提供者と取得者との間で「相互に合意する条件」によること等を求めています。
 これらは、条約が平成5年12月に発効(我が国は平成5年5月に締結)して以来、我が国を含む条約締結国において適用されているところです。
 今般、我が国では、提供国等からの信頼を獲得し遺伝資源を円滑に取得できるようにすることで、我が国国内における遺伝資源に係る研究開発の推進等に資することを目的として、「遺伝資源の取得の機会及びその利用から生ずる利益の公正かつ衡平な配分に関する指針」

(平成29年財務省・文部科学省・厚生労働省・農林水産省・経済産業省・環境省告示第一号。以下「指針」という。)が、平成29年5月18日付けで公布され、「生物の多様性に関する条約の遺伝資源の取得の機会及びその利用から生ずる利益の公正かつ衡平な配分に関する名古屋議定書」(以下「議定書」という。)が、我が国について効力を有する日から施行されることとなりました。


【関連URL】
<環境省HPより>
「遺伝資源の取得の機会及びその利用から生ずる利益の公正かつ衡平な配分に関する指針」の公布について
 http://www.env.go.jp/press/104061.html

<官報(号外)より>
 https://kanpou.npb.go.jp/20170518/20170518g00104/20170518g001040001f.html


2016-12-28 09:32:46

皆様

バンコクのAPSERI 2017については、ご支援ありがとうございます。
参加申込・講演要旨の締切が1月1日となっていましたが、今日、現地組織委員会の判断により、1月16日まで延長になりました。
参加申込・講演要旨とも、締切は1月16日です。

参加や発表を躊躇していた皆様は、この機会に、ぜひ前向きに再検討してください。

http://biochemistry.sci.ku.ac.th/apseri2017/index.php/important-dates-to-reme...
http://biochemistry.sci.ku.ac.th/apseri2017/index.php/call-for-papers/
http://biochemistry.sci.ku.ac.th/apseri2017/


各種情報を以下に掲載しました。こちらも併せてご覧ください(広報担当者)

1)開催通知 12/11掲載
http://jsss.or.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=121
2)締切について 12/11掲載
http://jsss.or.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=122
3)ホテルの予約とその宿泊料の支払いについて 12/14掲載
http://jsss.or.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=123
4)APSERI参加費の送金について 12/28掲載
http://jsss.or.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=124
5)参加申込・講演要旨の締切延長(1/16まで)12/28掲載
http://jsss.or.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=125(このページです)


2016-12-28 09:28:31

日本蚕糸学会会員各位

APSERI 2017に参加を予定されている方へ、銀行送金の方法について
ご連絡いたします。
APSERI 2017のHP上のSWIFT codeに間違いがあります。
また、口座番号と口座名もタイ人向けの下に書かれてあり、
わかりにくい記載となっております。

銀行送金の際には、以下の情報をお持ちになって、ドル建てで
送金していただけますようお願いいたします。

Bank name: TMB Bank Public Company Limited
Branch: Kasetsart University, Bangkhen
Address: 50 Ngamwongwan road, Ladyao Sub district, Chatuchak District,
10900 Thailand
Swift code: TMBKTHBK
Account name: APSERI2017
Account number: 069-2-60594-2

各種情報を以下に掲載しました。こちらも併せてご覧ください(広報担当者)

1)開催通知 12/11掲載
http://jsss.or.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=121
2)締切について 12/11掲載
http://jsss.or.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=122
3)ホテルの予約とその宿泊料の支払いについて 12/14掲載
http://jsss.or.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=123
4)APSERI参加費の送金について 12/28掲載(このページです)
http://jsss.or.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=124
5)参加申込・講演要旨の締切延長(1/16まで)12/28掲載
http://jsss.or.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=125


(1) 2 3 »
サイト内検索
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


NBRP