2018-06-04 18:05:36

日本昆虫科学連合と日本学術会議が共催する公開シンポジウムが開催されます。浜本洋会員による「カイコモデルの創薬における利用」と題した講演があるほか、様々な昆虫機能利用に関する講演がありますので、多くの皆様のご参加をお待ちしています。

日時:2018年7月28日(土)13:00 - 16:45
場所:東京大学農学部1号館8番教室

入場は無料で、事前の申し込みも不要です。

詳細は以下をご覧ください。

昆虫科学連合ウェブサイト
http://www.insect-sciences.jp/information/1595

ポスター
http://www.insect-sciences.jp/wp-content/uploads/2018/06/20180602poster_r.pdf

プログラムは以下の通りです。

〔1. 活動報告〕
13:00 - 13:20
日本学術会議農学委員会応用昆虫学分科会 活動報告
小野 正人(日本学術会議連携会員、玉川大学農学部)

13:20 - 13:30
日本昆虫科学連合 活動報告
石川 幸男(日本昆虫科学連合代表、東京大学農学生命科学研究科)

〔2. 講演〕
13:30 - 14:00
網羅的シーケンシングによるクモ糸超高機能発現メカニズムの解明
荒川 和晴(慶応義塾大学先端生命科学研究所)

14:00 - 14:30
カイコモデルの創薬における利用
浜本 洋(帝京大学医真菌研究センター)

14:30 - 15:00
ニューシルクロード:生物の機能や素材を社会実装へ
長島 孝行(東京農業大学農学部)

15:00 - 15:15
(休憩)

15:15 - 15:45
野生昆虫による生態系サービス
滝久 智(国立研究開発法人森林研究・整備機構 森林総合研究所)

15:45 - 16:15
泡を利用して水底を歩くハムシの水中接着機構
細田 奈麻絵(国立研究開発法人物質・材料研究機構 表面・接着科学グループ)

16:15 - 16:45
総合討論
(座長)池田 素子(日本学術会議会員、名古屋大学大学院生命農学研究科)


2018-06-01 19:06:57

平成31年度科学技術分野の文部科学大臣表彰(科学技術賞と若手科学者賞)について、日本蚕糸学会から推薦する候補者を募集します。

日本蚕糸学会内の応募期限は2018年6月28日(木)17時といたします。

賞の概要は以下の通りです。詳細や書式等は文部科学省のウェブサイトをご覧ください。特に、女性の積極的な推薦が期待されているようです。

(1) 科学技術賞
以下の5部門があります。いずれも個人またはグループが対象です。
 1) 開発部門
 2) 研究部門
 3) 科学技術振興部門
 4) 技術部門
 5) 理解増進部門

(2) 若手科学者賞
平成31年4月1日現在で40歳未満が対象です。

文部科学省のウェブサイト
http://www.mext.go.jp/b_menu/boshu/detail/1404850.htm

日本蚕糸学会事務局のメールアドレス
jsss@silk.or.jp

自薦・他薦は問いません。ご不明な点がございましたら日本蚕糸学会事務局にお問い合わせください。

なお、いただいたご応募・ご推薦については、細則にもとづいて理事の助言をもとに会長が選定したうえで文部科学省に提出することになります。


2018-05-30 14:00:50

名古屋大学大学院 生命農学研究科 動物科学専攻 害虫制御学研究室の
教授が公募されていますのでお知らせします。

詳細は名古屋大学のウェブサイトをご覧ください。

名古屋大学大学院 生命農学研究科 教職員公募
https://www.agr.nagoya-u.ac.jp/recruiting/index.html

名古屋大学 教職員公募
http://www.nagoya-u.ac.jp/employment/index.html


2018-05-18 17:19:16

公益財団法人農学会の日本農学進歩賞について、日本蚕糸学会から推薦する候補者を募集します。

この賞は、農学研究において顕著な研究業績をあげた若手研究者(平成30年10月1日現在で40歳未満、国籍不問)を顕彰するもので、蚕糸学会からは男女それぞれ1名を推薦できますので、積極的にご応募ください。

蚕糸学会内の応募期限は6月28日(木)17時といたします。

農学会のウェブページから書式をダウンロードしていただき、必要事項を記入の上、日本蚕糸学会事務局にメールにてお送りください。

農学会のウェブページ
http://www.nougaku.jp/awtop.html

日本蚕糸学会事務局のメールアドレス
jsss@silk.or.jp

自薦・他薦は問いません。ご不明な点がございましたら日本蚕糸学会事務局にお問い合わせください。

なお、いただいたご応募・ご推薦については、細則にもとづいて理事の助言をもとに会長が選定したうえで公益財団法人農学会に提出することになります。


2018-05-08 09:40:18

公益財団法人木原記念横浜生命科学振興財団より、日本蚕糸学会に対して、第27回木原記念財団学術賞の候補者推薦の依頼がありました。
http://kihara.or.jp/award/gakujyutusyou.html
日本蚕糸学会として1名推薦することができますので、候補者を募集いたします。

【対象】
生命科学分野の50歳以下(平成30年9月30日現在)の国内の研究者で、高い基礎研究レベルを持つ優れた独創的研究であって、すでにインパクトのある研究成果を上げつつも今後のさらなる発展が大きく期待できる研究を行なっている者。ただし、推薦の研究課題で他の著名な賞を受けていないこと。

【締切日】
日本蚕糸学会内での締切日は平成30年8月27日(月)とします。

【応募要領】
木原記念横浜生命科学振興財団のウェブサイトから様式をダウンロードすることができます。
http://kihara.or.jp/

必要事項を記入し、日本蚕糸学会事務局までメールにてお送りください。
jsss@silk.or.jp

【選考】
日本蚕糸学会から推薦する候補者については、理事会の助言を受けて会長が選定することとされています(細則24条)。
ご不明な点がございましたら、日本蚕糸学会事務局にお尋ねください。


2018-05-02 17:10:27

平成31年度日本蚕糸学会賞および日本農学賞の受賞候補の推薦を以下の通り募集します。

1) 日本蚕糸学会賞の受賞者および日本農学賞の受賞候補者は発表された論文、著書または発見、発明の事実にもとづき、これを選考する。会員はそれぞれの賞に対して1 名ずつを推薦することができる。これまで受賞した研究業績は避ける。
2) 受賞対象者は、正会員のほか、海外、学生、永年会員等を含むものとする。
3) 推薦者は個人とし、支部、団体等からの推薦の形はとらない。
4) 受賞者の決定は推薦人の多少に左右されない。
5) 日本蚕糸学会賞および日本農学賞の双方に推薦しても差支えない。
6) 推薦書は別紙様式によりマイクロソフトワードで作成し、印刷・押印した推薦書と電子ファイルを記録したCD を併せて送付する。なお、CD に代わり,電子メールでファイルを送付してもよい。
7) あて先は、
〒305-8634 茨城県つくば市大わし1-2 農業・食品産業技術総合研究機構内 日本蚕糸学会事務局
電子メール:jsss@silk.or.jp
とする。
8)締切日 平成30 年8 月24 日(金)

推薦要領は以下からダウンロードできます(推薦要領.pdf)。
http://jsss.or.jp/modules/d3downloads/index.php?page=visit&cid=5&lid=...

様式は以下からダウンロードできます(様式.docx)。
http://jsss.or.jp/modules/d3downloads/index.php?page=visit&cid=5&lid=...


2018-04-10 17:45:31

第27回国際昆虫学会議(ICE 2024)の日本への招致活動に関連して、大会ロゴマークが公募されています。

日本蚕糸学会も加盟している日本昆虫科学連合は、2024年に開催予定の第27回国際昆虫学会議(ICE 2024)を日本に招致する活動を始めています。

今回、その招致活動の一環として、大会ロゴマークの公募が始まりました。日本の文化や魅力を象徴し、世界の昆虫研究者に愛されるロゴマークを制作して、ぜひご応募ください。なお、採用作品の応募者には賞金5万円が贈呈されます。

応募期限:2018年7月27日(金)午後5時
応募資格:日本昆虫科学連合加盟団体の会員または会員が紹介する方
提出方法:メールの添付ファイルとして送付
提出先 :yoshi887@ffpri.affrc.go.jp (吉村真由美)

詳細は日本昆虫科学連合のウェブページをご覧ください。

http://www.insect-sciences.jp/information/1574

募集要項(制作にあたって留意すべき事項等を必ずご参照ください。)

http://jsmez.gr.jp/s/2018/logo


2018-02-19 09:26:59

摂南大学でに新たに設置される予定の「農学部」(2020年新設予定)において、教員が公募されていますのでお知らせします。

応用昆虫学の分野でも教授または准教授2名が公募されています。

詳細は摂南大学のウェブサイトをご覧ください。

http://www.setsunan.ac.jp/nogaku/
https://www.setsunan.ac.jp/koubo/files/koubo.pdf


2018-01-12 14:46:56

日本蚕糸学会は、「蚕糸・昆虫バイオテック」誌および「Journal of Insect Biotechnology and Sericology」誌に掲載された論文等の公開について、次の条件において認めます。

1.著者個人のウェブサイトまたは著者が所属する機関のリポジトリでの公開であること。

2.J-STAGEでPDFが公開されていること。

3.公開するファイルは、J-STAGEに掲載されたPDFをそのまま使うこと。

4.著作権が日本蚕糸学会に帰属することを明示すること。

5.出典として、雑誌名とdoi(またはリンク)を明示すること。

なお、この条件に当てはまらない場合は、個別に審査して諾否を判断しますので、学会事務局までお問い合わせください。


2017-12-19 16:45:17

2018年1月18日(木)に、公開シンポジウム「カイコ・シルク産業の未来 ~"蚕業革命"から"産業革命"へ」が開催されます。

遺伝子組換えカイコを活用した研究開発と産業化の動向、シルク新素材の研究開発と展開、養蚕農家への遺伝子組換えカイコの導入などに関する最新の情報が紹介されます。

参加は無料(研究交流会は5,000円)ですが、事前の参加申込が必要です。

○開催日時:
平成30年1月18日(木曜日)13:00~17:30(受付開始12:30)

○場所:
群馬会館 2階ホール
(群馬県前橋市大手町2-1-1 JR両毛線前橋駅下車 バス約6分)

○主催:
農研機構、群馬県蚕糸技術センター

○参加費:
無料(研究交流会5,000円)

○申込方法:
以下のアドレスからお申し込み下さい。
https://pursue.dc.affrc.go.jp/form/fm/naro181/kaikosilk2018
※参加申込み〆切 2018年1月12日(金曜日)

開催案内
http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/press/laboratory/nias/078576.htm...

プログラム
http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/press/files/sympo02_kaikosilk_gu...

<問い合わせ先>
農研機構_生物機能利用研究部門
遺伝子組換え研究推進室
電話:029-838-7138 
電子メール:kaiko34@naro.affrc.go.jp


(1) 2 3 »
サイト内検索
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


NBRP
学会誌