2017-09-05 16:30:34

名古屋議定書のもとでの遺伝資源の取扱い等に関して、日本学術会議主催の公開シンポジウムが開催されますので、ご案内いたします。

(1)シンポジウムのタイトル
日本学術会議 公開シンポジウム
名古屋議定書、日本において発効
~締約国加盟後の学術研究におけるリスク管理について~


(2)日時
平成29年9月25日(月)13:00~17:00

(3)場所
日本学術会議講堂(東京メトロ千代田線乃木坂駅5出口徒歩1分)

(4)参加費
無料

(5)関連URL
ポスター
http://www.scj.go.jp/ja/event/pdf2/251-s-2-1.pdf

申込先
https://goo.gl/forms/obGb6ZvcnOtScqWg2

(6)連絡先
参加申込については、
国立遺伝学研究所ABS学術対策チーム
abs@nig.ac.jp

内容については、
日本学術会議会員:大杉立
r.ohsugi@gmail.com

(7)開催趣旨
 本年8月20日にわが国は「生物多様性条約下での遺伝資源の取得の機会及びその利用から生じる利益の公正かつ衡平な配分に関する名古屋議定書」の締約国に加盟し、国内措置 (ABS指針)が施行された。
 日本学術会議では、提言「学術研究の円滑な推進のための名古屋議定書批准に伴う措置について」を昨年12月に公表し、政府に対して名古屋議定書の早期締約を要望し、また、政府、大学・研究機関等に遺伝資源の持続的利用と利益配分に関わる問題点等の周知徹底、国内支援体制の整備等について要望してきた。
 本シンポジウムでは、名古屋議定書下での海外遺伝資源研究における留意点やリスク管理、国内措置等について議論する。

(8)講演内容

提言の概要説明
  三輪清志(味の素株式会社客員フェロー)

名古屋議定書締約国加入に対応する国内措置について
  野田浩絵(文部科学省研究振興局ライフサイエンス課調整官)

海外遺伝資源を利用した学術研究におけるリスク管理について
  鈴木睦昭(国立遺伝学研究所ABS学術対策チーム)

国内措置に関わる大学での体制整備の現状と遺伝資源取得に関する今後の課題
  設楽愛子(東京海洋大学産学・地域連携推進機構URA)
  狩野幹人(三重大学地域イノベーション推進機構知的財産統括室准教授)
  深見克哉(九州大学有体物管理センター教授)

SATREPSにおけるABS対応を巡る現状と課題
 小平憲祐(科学技術振興機構国際SATREPSグループ調査員)

緊急報告:COP13におけるデジタル配列情報に関する論議とCOP14への対応
  鈴木睦昭(国立遺伝学研究所ABS学術対策チーム)
  小原雄治(ライフサイエンス統合データベースセンター長)


2017-08-30 18:26:28

蚕糸・昆虫機能利用学術講演会(日本蚕糸学会第88回大会)に関する様式等を掲載しました。
それぞれの項目下のurlをクリックするとダウンロードできます。

1)開催案内
http://jsss.or.jp/h30/H30.pdf

2)参加申込様式
http://jsss.or.jp/h30/toroku.xls

3)講演申込様式
http://jsss.or.jp/h30/kouen.doc

4)グループ研究会申込様式
http://jsss.or.jp/h30/group.doc


2016-12-28 09:32:46

皆様

バンコクのAPSERI 2017については、ご支援ありがとうございます。
参加申込・講演要旨の締切が1月1日となっていましたが、今日、現地組織委員会の判断により、1月16日まで延長になりました。
参加申込・講演要旨とも、締切は1月16日です。

参加や発表を躊躇していた皆様は、この機会に、ぜひ前向きに再検討してください。

http://biochemistry.sci.ku.ac.th/apseri2017/index.php/important-dates-to-reme...
http://biochemistry.sci.ku.ac.th/apseri2017/index.php/call-for-papers/
http://biochemistry.sci.ku.ac.th/apseri2017/


各種情報を以下に掲載しました。こちらも併せてご覧ください(広報担当者)

1)開催通知 12/11掲載
http://jsss.or.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=121
2)締切について 12/11掲載
http://jsss.or.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=122
3)ホテルの予約とその宿泊料の支払いについて 12/14掲載
http://jsss.or.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=123
4)APSERI参加費の送金について 12/28掲載
http://jsss.or.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=124
5)参加申込・講演要旨の締切延長(1/16まで)12/28掲載
http://jsss.or.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=125(このページです)


2016-12-28 09:28:31

日本蚕糸学会会員各位

APSERI 2017に参加を予定されている方へ、銀行送金の方法について
ご連絡いたします。
APSERI 2017のHP上のSWIFT codeに間違いがあります。
また、口座番号と口座名もタイ人向けの下に書かれてあり、
わかりにくい記載となっております。

銀行送金の際には、以下の情報をお持ちになって、ドル建てで
送金していただけますようお願いいたします。

Bank name: TMB Bank Public Company Limited
Branch: Kasetsart University, Bangkhen
Address: 50 Ngamwongwan road, Ladyao Sub district, Chatuchak District,
10900 Thailand
Swift code: TMBKTHBK
Account name: APSERI2017
Account number: 069-2-60594-2

各種情報を以下に掲載しました。こちらも併せてご覧ください(広報担当者)

1)開催通知 12/11掲載
http://jsss.or.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=121
2)締切について 12/11掲載
http://jsss.or.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=122
3)ホテルの予約とその宿泊料の支払いについて 12/14掲載
http://jsss.or.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=123
4)APSERI参加費の送金について 12/28掲載(このページです)
http://jsss.or.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=124
5)参加申込・講演要旨の締切延長(1/16まで)12/28掲載
http://jsss.or.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=125


2016-12-14 11:25:36

APSERI 2017 で宿泊するホテルの予約とその宿泊料の支払いについて

APSERI 2017 へ参加する予定のかたから、Maruay Garden
Hotelなどのホテルの宿泊予約と支払いの方法について、いくつかご質問をいただいているので、お答えします。
まず、参加申込書(Registration form)をダウンロードし、宿泊したいホテルを指定してください。
APSERI 2017 の参加申込書は、
http://biochemistry.sci.ku.ac.th/apseri2017/index.php/registration/
の下のほうにあります。
APSERI大会事務局(Local Organizing
Committee)では、ホテルの部屋をある程度の数だけ仮予約してあるそうで、参加申込書を受け取ってからから、ホテルの部屋を割り当てるそうです。
参加者は、現地のホテルにチェックインするときに、宿泊料金を支払ってください。間違えて、参加登録の段階でホテル代を支払わないように注意してください。
ただし、大会参加費(一般150USドル、学生100USドルおよび希望者は最終日の小旅行の料金30ドルも)は、かならず参加申込よりも前に、銀行送金(方法は上のURLに書いてある)してください。
銀行送金の手数料が高いので、何人かでまとめて送金するとよいかもしれません。
他の項目も書いたら、参加申込書をAPSERI大会事務局 <APSERI2017@gmail.com>
へ送ってください。同時に、参加費を銀行送金したことを示す証拠を、メールに添付してください。複数の参加者の料金をまとめて払った場合は、誰の参加費を送金したのか、分かるように連絡してあげましょう。

2016-12-14
嶋田 透(APSERI国際委員)


各種情報を以下に掲載しました。こちらも併せてご覧ください(広報担当者)

1)開催通知 12/11掲載
http://jsss.or.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=121
2)締切について 12/11掲載
http://jsss.or.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=122
3)ホテルの予約とその宿泊料の支払いについて 12/14掲載(このページです)
http://jsss.or.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=123
4)APSERI参加費の送金について 12/28掲載
http://jsss.or.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=124
5)参加申込・講演要旨の締切延長(1/16まで)12/28掲載
http://jsss.or.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=125


2016-12-11 16:21:17

■ 第5回 アジア-太平洋 蚕糸・昆虫バイオテクノロジー会議 (The 5th Asia-Pacific Congress of Sericulture and Insect Biotechnology; APSERI 2017)

【会場】
タイ・バンコク市・マルアイガーデンホテル (Maruay Garden Hotel, Bangkok, Thailand)

【日程】
2017年2月28日(火)~3月2日(木)

【公式ウェブサイト】
http://biochemistry.sci.ku.ac.th/apseri2017/

【参加申込および講演要旨提出の締切】
2017年1月1日(申込方法は上のウェブサイトをご覧ください)

【日本蚕糸学会会長からのメッセージ】
 当学会としては、蚕糸・昆虫機能利用分野の国際連携の推進のために、バンコクでのAPSERIにできるだけ協力したいと思います。多くの会員の皆様に今回のAPSERI2017にご参加いただき、日頃の研究成果を積極的に発信してくださるよう、お願いします。


(追記)
各種情報を以下に掲載しました。こちらも併せてご覧ください(広報担当者)

1)開催通知 12/11掲載
http://jsss.or.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=121
2)締切について 12/11掲載(このページです)
http://jsss.or.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=122
3)ホテルの予約とその宿泊料の支払いについて 12/14掲載
http://jsss.or.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=123
4)APSERI参加費の送金について 12/28掲載
http://jsss.or.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=124
5)参加申込・講演要旨の締切延長(1/16まで)12/28掲載
http://jsss.or.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=125


2016-12-11 16:19:02

日本蚕糸学会会員各位

 APSERI2017 (5th Asia-Pacific Congress of Sericulture and Insect
Biotechnology) が、2017年2月28日~3月2日の日程で、タイのバンコクにおいて開催されます。
 暫定的なプログラムなどの詳しい情報は、以下のウェブサイトをご覧ください:
http://biochemistry.sci.ku.ac.th/apseri2017/

 主催者のカセサート大学Amornrat Promboon博士らは、日本以外にも中国、韓国、インドなどにアナウンスをしておられますが、特に日本からは多くの参加者があることを期待されているそうです。
 APSERIは、これまで韓国・尚州(2006年)、日本・名古屋(2008年)、中国・重慶(2012年)、韓国・釜山(2015年)で開催されており、どの大会でも日本蚕糸学会の多くの会員が参加して盛り立ててきました。
皆様におかれましては、是非参加をご検討ください。

日本蚕糸学会事務局

(追記)
各種情報を以下に掲載しました。こちらも併せてご覧ください(広報担当者)

1)開催通知 12/11掲載(このページです)
http://jsss.or.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=121
2)締切について 12/11掲載
http://jsss.or.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=122
3)ホテルの予約とその宿泊料の支払いについて 12/14掲載
http://jsss.or.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=123
4)APSERI参加費の送金について 12/28掲載
http://jsss.or.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=124
5)参加申込・講演要旨の締切延長(1/16まで)12/28掲載
http://jsss.or.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=125


2012-10-01 09:11:24

JIBSおよび蚕糸・昆虫バイオテックの投稿規定改訂版を掲載しました。
右メインメニューの学会誌・刊行物内のInformation for Authors (Journal of INSECT BIOTECHNOLOGY and SERICOLOGY),または投稿規定(蚕糸・昆虫バイオテック)をご覧下さい。


サイト内検索
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


NBRP