2018-07-18 17:36:40

来年3月に、次回のAPSERI(第6回 アジア-太平洋 蚕糸・昆虫バイオテクノロジー会議)が以下の通り開催されることとなりました。

日程:2019年3月2日~4日
場所:インド、マイソール市、Hotel Southern Star

なお、6月にメールでお送りした案内では2019年2月の開催予定とお伝えしましたが、今回ご案内する日程(2019年3月2日~4日)で確定しましたので、ご注意ください。

日本・中国・韓国の3か国の協力で始まった会議が、前回のタイに続き、次回はインドで開催されるということで、関係国と連携して蚕糸・昆虫機能利用に関する研究開発を促進する機運が高まっています。日本蚕糸学会の会員の皆様におかれましては、積極的にご参加いただければと存じます。

詳細は以下の開催案内をご覧ください。
http://jsss.or.jp/modules/d3downloads/index.php?page=visit&cid=5&lid=...


2018-06-20 17:18:59

標記講演会が下記の通り,開催されます。
奮ってご参加くださいますよう,ご案内申し上げます。

                    記

【会議名】海外遺伝資源取得分担機関-公開講演会 (ナショナルバイオリソースプロジェクト:ABS課題)
【日 時】平成30年7月12日(木)13時-16時(開場:12時30分)
【場 所】TKP東京駅日本橋カンファレンスセンター ホール5A
      東京都中央区八重洲1-2-16
      http://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/cc-tokyo-nihombashi/access/
【申 込】ABS学術対策チームHP( http://idenshigen.jp) よりお申し込みください。(参加無料)
【定 員】100名

本講演会は、研究者を対象に、海外から遺伝資源を入手する際に必要な手続きや海外の政府や研究機関との折衝における注意点などを中心に、演者の先生方に遺伝資源取得の実例をご紹介いただきます。
対象国としては、イラン、インド、中国、シンガポール、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、メキシコ、モンゴルなどについてお話しいただく予定です。
海外に由来する遺伝資源の研究を計画されている研究者の皆様におかれましては、ぜひご出席についてご検討下さい。

【演者】
 九州大学 有体物管理センター 深見克哉 教授
 首都大学東京 牧野標本館 村上哲明 教授
 筑波大学 筑波機能植物イノベーション研究センター 渡邉和男 教授
 国立遺伝学研究所 産学連携・知的財産室  鈴木睦昭 室長

【主催】
 国立遺伝学研究所 ABS学術対策チーム
 URL: http://idenshigen.jp
 e-mail: abs@nig.ac.jp
 tel:055-981-5831


2018-06-04 18:05:36

日本昆虫科学連合と日本学術会議が共催する公開シンポジウムが開催されます。浜本洋会員による「カイコモデルの創薬における利用」と題した講演があるほか、様々な昆虫機能利用に関する講演がありますので、多くの皆様のご参加をお待ちしています。

日時:2018年7月28日(土)13:00 - 16:45
場所:東京大学農学部1号館8番教室

入場は無料で、事前の申し込みも不要です。

詳細は以下をご覧ください。

昆虫科学連合ウェブサイト
http://www.insect-sciences.jp/information/1595

ポスター
http://www.insect-sciences.jp/wp-content/uploads/2018/06/20180602poster_r.pdf

プログラムは以下の通りです。

〔1. 活動報告〕
13:00 - 13:20
日本学術会議農学委員会応用昆虫学分科会 活動報告
小野 正人(日本学術会議連携会員、玉川大学農学部)

13:20 - 13:30
日本昆虫科学連合 活動報告
石川 幸男(日本昆虫科学連合代表、東京大学農学生命科学研究科)

〔2. 講演〕
13:30 - 14:00
網羅的シーケンシングによるクモ糸超高機能発現メカニズムの解明
荒川 和晴(慶応義塾大学先端生命科学研究所)

14:00 - 14:30
カイコモデルの創薬における利用
浜本 洋(帝京大学医真菌研究センター)

14:30 - 15:00
ニューシルクロード:生物の機能や素材を社会実装へ
長島 孝行(東京農業大学農学部)

15:00 - 15:15
(休憩)

15:15 - 15:45
野生昆虫による生態系サービス
滝久 智(国立研究開発法人森林研究・整備機構 森林総合研究所)

15:45 - 16:15
泡を利用して水底を歩くハムシの水中接着機構
細田 奈麻絵(国立研究開発法人物質・材料研究機構 表面・接着科学グループ)

16:15 - 16:45
総合討論
(座長)池田 素子(日本学術会議会員、名古屋大学大学院生命農学研究科)


2017-12-19 16:45:17

2018年1月18日(木)に、公開シンポジウム「カイコ・シルク産業の未来 ~"蚕業革命"から"産業革命"へ」が開催されます。

遺伝子組換えカイコを活用した研究開発と産業化の動向、シルク新素材の研究開発と展開、養蚕農家への遺伝子組換えカイコの導入などに関する最新の情報が紹介されます。

参加は無料(研究交流会は5,000円)ですが、事前の参加申込が必要です。

○開催日時:
平成30年1月18日(木曜日)13:00~17:30(受付開始12:30)

○場所:
群馬会館 2階ホール
(群馬県前橋市大手町2-1-1 JR両毛線前橋駅下車 バス約6分)

○主催:
農研機構、群馬県蚕糸技術センター

○参加費:
無料(研究交流会5,000円)

○申込方法:
以下のアドレスからお申し込み下さい。
https://pursue.dc.affrc.go.jp/form/fm/naro181/kaikosilk2018
※参加申込み〆切 2018年1月12日(金曜日)

開催案内
http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/press/laboratory/nias/078576.htm...

プログラム
http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/press/files/sympo02_kaikosilk_gu...

<問い合わせ先>
農研機構_生物機能利用研究部門
遺伝子組換え研究推進室
電話:029-838-7138 
電子メール:kaiko34@naro.affrc.go.jp


2017-08-30 18:26:28

蚕糸・昆虫機能利用学術講演会(日本蚕糸学会第88回大会)に関する様式等を掲載しました。
それぞれの項目下のurlをクリックするとダウンロードできます。

1)開催案内
http://jsss.or.jp/h30/H30.pdf

2)参加申込様式
http://jsss.or.jp/h30/toroku.xls

3)講演申込様式
http://jsss.or.jp/h30/kouen.doc

4)グループ研究会申込様式
http://jsss.or.jp/h30/group.doc


2012-10-01 09:11:24

JIBSおよび蚕糸・昆虫バイオテックの投稿規定改訂版を掲載しました。
右メインメニューの学会誌・刊行物内のInformation for Authors (Journal of INSECT BIOTECHNOLOGY and SERICOLOGY),または投稿規定(蚕糸・昆虫バイオテック)をご覧下さい。


サイト内検索
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


NBRP
学会誌