シンポジウム・講演会

日本蚕糸学会シンポジウム・グループ研究会

2019-02-05 13:54:09

平成31年3月22日(金)と23日(土)に東京農工大学(小金井キャンパス)で開催される平成31年度蚕糸・昆虫機能利用学術講演会において、以下の通りシンポジウムやグループ研究会が開催されます。

大会ウェブサイト
↓↓↓↓↓↓↓↓
http://web.tuat.ac.jp/~89-kaiko/index.html

皆様のご参加をお待ちしております。

平成31年3月22日(金)午前 公開シンポジウム
【シンポジウム1】
「カイコ産業、シルク産業の課題・問題点と事業参入の糸口」

座長:日下部宜宏(九州大学大学院農学研究院 教授)

・宇佐美昭宏(宇佐美コンサルティング事務所)
 診断薬企業から見たコスト低減の魅力度と、カイコ再認識の必要性

・冨田正浩(株式会社免疫生物研究所 遺伝子組換えカイコ事業部 取締役)
 遺伝子組換えカイコによる製品製造の課題

・玉田靖(信州大学繊維学部 教授)
 シルクの再生医療への活用の可能性と課題

・畠山吉則(日本大学生物資源科学部 准教授)
 カイコを工場で大量飼育する際の病理防除の重要性および近年の感染性微生物の発生状況

・勝間進(東京大学大学院農学生命科学研究科 准教授)
 チョウ目培養細胞の内在性ウイルス


平成31年3月22日(金)午後
【日本蚕糸学会賞受賞記念講演】
・竹村洋子(蚕業技術研究所)
 精子の凍結保存および人工授精によるカイコ遺伝資源の長期保存法の開発

・塩見邦博(信州大学)
 カイコガにおける休眠卵産生の分子機構に関する研究


【シンポジウム2】
「若手研究者が語る昆虫科学最前線2019」

世話人:日本蚕糸学会若手の会

・石川由希(名古屋大学大学院理学研究科 生命理学専攻)
 性フェロモンへの好みを決める神経回路の進化

・鈴木丈詞(東京農工大学大学院グローバルイノベーション研究院)
 ハダニにおける環境刺激の受容と応答

・安藤俊哉(基礎生物学研究所、理化学研究所BDR)
 昆虫嗅覚感覚毛クチクラにおける防水通気性ナノポア構造の形態制御機構

・河野暢明(慶應義塾大学先端生命科学研究所)
 大規模マルチオミクス解析で解き明かす糸遺伝子の系統進化


平成31年3月23日(土)午後
【グループ研究会】
「社会の変化から見た、カイコ産業・シルク産業の魅力」

オーガナイザー:宇佐美昭宏(宇佐美コンサルティング事務所)

・伊坪徳宏(東京都市大学環境学部 教授)
 世界の環境影響と環境ビジネスの展望

・細尾真生(株式会社細尾 代表取締役社長)
 蚕業の未来構想

・日下部宜宏(九州大学大学院農学研究院 教授) 
 大学発ベンチャーKAICO株式会社の立上げと関連する話題提供


サイト内検索
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


NBRP
学会誌