シンポジウム・講演会

公開シンポジウム「カイコ・シルク産業の未来 ~越境するシルク~」

2018-12-10 17:01:38

農研機構の主催で公開シンポジウム「カイコ・シルク産業の未来 ~越境するシルク~」が開催されます。

衣料にとどまらない様々な分野へと“越境する”シルク新素材として、ミノムシのシルクやシルクスポンジの研究開発と展開の取り組みや、遺伝子組換えカイコを利用したシルクの研究開発として、一本鎖抗体を持つアフィニティーシルクの最新情報等を紹介します。

参加は無料ですが、事前の申し込みが必要です。
シンポジウム後には交流会(会費5,000円)も開催されます。

日時:2019年1月17日(木)13時~17時25分(受付開始12時30分)
場所:柏の葉カンファレンスセンタールーム5・6
   (千葉県柏市若柴178-4、三井ガーデンホテル柏の葉2階)
つくばエクスプレス「柏の葉キャンパス」駅下車 西口から徒歩2分
参加費:無料
参加申込:以下のウェブページをご覧ください。
https://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/press/laboratory/nias/120489.ht...

プログラムは以下の通りです。

次世代素材の開発に向けて~ミノムシシルクの可能性~
 三輪芳弘(興和株式会社 代表取締役社長)

カイコではない(クモでもない)新たなシルク素材の開拓~ミノムシシルク素材の特性と利用~
 吉岡太陽(農研機構 生物機能利用研究部門 新素材開発ユニット)


農研機構におけるシルクスポンジの開発
 小島桂(農研機構 生物機能利用研究部門 新素材開発ユニット)

あのTVドラマ・陸王のシルクスポンジ
 永砂修(ながすな繭株式会社 代表取締役)

軟部組織再生を指向したシルクフィブロイン足場材料の創製
 中澤靖元(東京農工大学 工学研究院 准教授)

抗体活性をもつシルクタンパク質素材の開発~組換えカイコによるアフィニティーシルク~
 佐藤充(農研機構 生物機能利用研究部門 動物生体防御ユニット)


サイト内検索
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


NBRP
学会誌