シンポジウム・講演会

シンポジウム「機能改変昆虫の産業利用の可能性」

2018-10-29 17:05:24

農研機構 生物機能利用研究部門の主催でシンポジウム「機能改変昆虫の産業利用の可能性」が開催されます。

遺伝子組換えやRNAi、ゲノム編集などを用いて昆虫の機能を改変する最新の研究動向や規制の状況について情報を交換し、機能改変昆虫の利用可能性について議論します。シンポジウム後には交流会も開催されます。

参加は無料ですが、事前の申込が必要です。

日時:2018年11月19日(月)13時~17時15分
場所:秋葉原 UDX 6F カンファレンスルーム(東京都千代田区外神田 4-14-1)
参加費:無料
参加申込:以下のウェブページをご覧ください。
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2018/10/083540.html

プログラムは以下の通りです。

主催者挨拶
開催趣旨説明

カイコにおけるゲノム編集研究の現状と産業利用への応用
 坪田 拓也(農研機構 生物機能利用研究部門 新産業開拓研究領域)

ゲノム編集を利用したミツバチの機能改変
 畠山 正統(農研機構 生物機能利用研究部門 遺伝子利用基盤研究領域)

感染症媒介蚊におけるゲノム編集研究の現状
 山本 大介(自治医科大学 感染・免疫学講座 医動物学部門)

遺伝子組換え・ゲノム編集昆虫の安全性評価と規制の可能性
 河本 夏雄(農研機構 生物機能利用研究部門 新産業開拓研究領域)

ゲノム改変カイコを利用した殺虫タンパク質の有効性評価
 渡部 賢司(農研機構 生物機能利用研究部門 昆虫制御研究領域)

RNAiを利用した昆虫制御技術
 西出 雄大(農研機構 生物機能利用研究部門 昆虫制御研究領域)

総合討論

交流会(18時30分~)


サイト内検索
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


NBRP
学会誌